ホーム会社概要 → 沿革

会社概要 -- 確かな製品をお届けし、日本の食文化に貢献します

グループ沿革

昭和24年愛知県高浜市で鶏卵の集荷販売を行う岩月商店を創業
昭和36年名古屋市内に鶏卵販売業を開業。製菓、製パンメーカーへ鶏卵販売開始
昭和39年業務拡大により株式会社組織に変更し、社名を三州食品株式会社とする
昭和45年岩倉市にGPセンター及び割卵工場を新設し、販売強化の充実を計る
昭和48年GPセンターを閉鎖し、液卵製造専門工場として新たな展開を目指す
昭和50年新工場を建設し、設備の充実を計り、品質安定と品質管理体制を増強する
昭和52年本社及び名古屋営業所を岩倉工場へ移転
昭和55年新工場増設により、割卵機及び殺菌設備を増設し、液卵製造設備の充実を計る
昭和57年タンクローリーによる液卵輸送開始
昭和60年養鶏事業の開始(中央ファーム)
平成元年小牧市に本社新工場建設。
割卵機及び殺菌設備を増設し、製造ラインの自動化を強化する
平成2年岩倉工場の設備と鶏卵加工品の製造設備を導入
平成4年本社工場にゆで卵ラインを新設
平成5年岐阜県瑞浪市にウィンドレスタイプの農場完成(瑞浪農場)
平成9年本社工場を増設し、卵殻カルシウムの製造開始
平成14年愛知県岡崎市保久町にウィンドレスタイプの第二農場完成(額田農場)
平成14年岩倉工場に第三工場を増設し、本社工場のゆで卵ラインを移設
平成16年愛知県豊田市大岩町にウィンドレスタイプの育成農場運営開始(藤岡農場)
平成18年直営農場である額田農場の増設
平成22年静岡県裾野市に富士裾野工場建設
平成24年一宮工場を新設し、ゆで卵ラインを増設
平成26年自社農場強化のため三重、中津川、富士宮で農場事業開始
平成28年栃木県佐野市に新液卵工場(関東工場)を建設
平成29年岐阜県瑞浪市で瑞浪第2農場の事業開始
平成29年愛知県小牧市においてR&Dセンターを新設、西之島工場の稼働開始
平成29年三州食品グループに海外トレーディング事業を行う株式会社オボジャパンと株式会社SKMジャパンが加わる